三重県のスズキ正規ディーラーサイトです。

お知らせ(スタッフによるクルマ紹介)

Car Life -*ブログ*-

2017.05.28

実際どう違うの?新旧ワゴンR

車種名 ワゴンR HYBRID FX

           

 

 皆様こんにちは~

 

スズキアリーナ三泗のHP担当岩井です

 

夏めいてきた今日この頃、

 

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて、今回は2月に発売し、大試乗まつりでも目玉車種の一つ

 

新型ワゴンRについてご紹介いたします

 DSCF8307

 

軽で初めて「マイルドハイブリッド」を搭載し、

 

低燃費にさらなる貢献ができるようになったワゴンR。

 

こうした新機能は、カタログやホームページ

 

ご覧になった方も多いと思いますが、

 

今回はシンプルに見た目の観点から

 

「今までのワゴンRとどんなところが違うの?」

 

というところを、前のモデルと比べながらご紹介します

 

 DSCF8285

 

こちらが旧モデルのワゴンR FX(4型)。

 

皆様も、道を走っていて見かけることが多いかと思います

 

 

まずは運転席の景観から。

 

 DSCF8286

 

↑(旧モデル:FX4型)

 

旧モデルは、エアコンやオーディオのあるパネル部分の下に

 

収納ポケットとグローブボックスがついている、

 

他のクルマでも見られるスタンダードな見た目です

 DSCF8299

 

運転席のドリンクホルダーは引き出し式。

 

缶やボトルなどが入ります。

 

 

DSCF8297

 

 

↑(新型:FA)

 

新型は、エアコンの吹き出し口が横ライン上にまとまり、

 

 グローブボックスのある下の部分が張り出して

 

テーブルのように物を置くことができます

 

 

DSCF8298

 

 ドリンクホルダーは正方形です。

 

紙パックの飲料も楽々入ります!

 

箱型なので他の小物も入れられます。

 

 

テーブルや四角い小物入れスペースは、

 

同じスズキのラパンによく似た構成ですね

 

 

バックする際の、後方の視界も見てみましょう。

 

DSCF8294

 

旧モデル:FX4型

 

後部座席の窓には細い仕切りがありますが、

 

こちらもスタンダードな見た目。 

 

 

 DSCF8295

  

新型:FA

 

一見それほど違いがないように見えますが、

 

新型は後部ドアの横に小さな窓が独立してついています

 

旧モデルの時にはピラーで見えなかった

 

クルマの後方角部分が見えるようになっているんです!

 

また、リヤワイパーは

 

上についている(はりだした黒い部分)ので、

 

ワイパーアームが見えないようになっており

 

すっきりした見た目になっています

 

細かいですが、「見え方」にこだわった

 

リニューアルがされています

 

 

まだまだここでは紹介しきれませんが、

 

ワゴンRはエコ性能だけでなく、利便性を追求した

 

魅力がたくさんつまったクルマですので、

 

ぜひ一度、実際にご覧になってみてくださいね

 

 

P.S:ここまで読んでくださった皆様におトクなお知らせです

 

ただいま、同じくフルモデルチェンジをしたスイフト

 

RStグレード限定のビッグキャンペーンを開催中です!

 

カーナビ・ETC・ドライブレコーダーを

 

なんとセットでプレゼント!!

 

詳細はスタッフにお尋ねください

 

  • 0

posted by スズキアリーナ三泗  | 2017年5月28日
店舗情報へもどる